長崎発☆偶然見かけた街の小さな情報、ちょっと気になるニュースをピックアップ♪


Pickup Topic

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

健康について、ちょっと考えてみませんか  

毎週土曜日 午前11:25から NCC(5ch)で 放送中の「とっても健康らんど」では、

身近な健康に関する情報が盛りだくさんの「とっても健康セミナー」を

10月23日(水)長崎市民会館にて開催。

第一部では、セカンドオピニオンの第一人者である杉町圭蔵先生による、
上手な医者のかかり方についてのとってもタメになる情報。

第二部では、ジャーナリスト 鳥越俊太郎さんによる講演
「がんに克つ ~73歳人生の歩き方~」。

当日は来場者全員にもれなく久光製薬のサンプル商品をプレゼント。

入場は無料ですが事前の申し込みが必要です。

申込み方法 その他 くわしくは こちら

スポンサーサイト

category: 健康

秋の養生 秋の潤い不足が乾燥肌トラブルの原因に・・・  

秋は乾燥による人体への悪影響が出やすい季節です。
体の潤い不足からさまざまな乾燥トラブルが起こります。
特に気を付けたいのは乾燥のダメージを受けやすい『肺』です。
夏の疲れを秋まで引きずっていると『肺』は 乾燥の影響を受けやすく、
喉や鼻、気管支などの呼吸器系に不調が起こりやすなります。
呼吸器系の不調や皮膚の乾燥、便秘と言った症状を感じたら、潤い不足になっているサイン
早めの養生を心がけましょう。

秋の潤いポイント

早寝早起きで十分な睡眠をとりましょう
 毎日の睡眠は体内の潤いを保つための大切な時間です。
 早寝早起きを心がけて十分な睡眠をとりましょう。

目の使い過ぎに注意!!
 テレビやパソコン、ゲームなど 現代の生活には目の負担になる要素が沢山あります。
 ドライアイが気になる人は目に負担をかけないようにしましょう。

肌トラブルが出る季節です。
 綿素材の下着や洋服を選び石鹸や化粧品にも気を配りましょう。

自然の恵みを受けて体の中から美しく
長崎の漢方相談 藤村薬局本店
長崎市元船町12-11
営業時間 9:00~18:30
TEL095-824-0948  FAX095-824-0949
URL http://www.fujimura-kanpou.jp/








category: 健康

梅雨の養生  


湿気の多い梅雨はカビなどの真菌や細菌類の繁殖が盛んになります。
人の体も 自然界と同じように 気温と湿度が高くなると
体内の水分代謝もスムーズに運びにくく停滞しやすくなります。
梅雨時期の症状としては気分がスッキリしない、食欲不振、体が重い、
疲労倦怠感などが良く見られます。

梅雨は 胃腸に負担がかからないように 冷たいものは避け、
温かくて消化の良いものを取るように食生活に気をつけましょう。

生もの・冷たいものは避けるようにしましょう。
食が進まないと言って 冷たいビールやジュースばかり飲むような生活が続くと
消化機能が低下し元気が出なくなってしまいます。

梅雨におすすめの食材は?
梅雨時期の胃腸の機能低下を防ぐためには、良い香り(芳香)で
体の中の湿気を発散させる食材がおすすめです。(シソなど) 
冬瓜やスイカは 体に必要な潤いを補いながら余分な湿気を取り除く働きがあります。


自然の恵みを受けて体の中から美しく
長崎の漢方相談 藤村薬局本店
長崎市元船町12-11
営業時間 9:00~18:30
TEL095-824-0948  FAX095-824-0949
URL http://www.fujimura-kanpou.jp/














category: 健康

春の養生  

寒さが少しずつ和らぎすぐそこまで春がやってきています。
庭の草木ものびのびと芽吹き、生き物が元気に動き始めます。

中医学では春は「肝」に属しており 「肝」は全身の気、すなわちエネルギーをスムーズに巡らせて 血めぐりをよくしたり 気持ちを安定させたりという働きが有ります。
この「肝」の機能が低下すると生理痛・生理不順や貧血、または心の不安定と言った症状が出てくることもあります。

ではどうしたら春を気持ちよく迎えることができるのでしょう・・・

「肝」を元気にするためには 心も体ものびやかに保つこと。
ストレスを上手に発散させて 進んで体を動かすように心がけましょう。
またバランス良い食事や、質のいい睡眠をとり体と心の緊張を取りましょう。
この時期「肝」の働きを養うための食材は ネギ・生姜・にんじん・山芋・レバーなどです。
香りのよいお茶や香味野菜を取ることもいい方法です。

春の養生はこんな人におすすめ!
  ☆冬によく風邪をひいた
  ☆胃腸が弱く食欲がない
  ☆化粧のノリが悪い
  ☆食生活が乱れている
  ☆ストレスがたまっている
  ☆年齢によって潤い不足を感じる
  ☆熟睡できない


心当たりのある方は是非「春養生」してください。

自然の恵みを受けて体の中から美しく
長崎の漢方相談 藤村薬局本店
長崎市元船町12-11
営業時間 9:00~18:30
TEL095-824-0948  FAX095-824-0949
URL http://www.fujimura-kanpou.jp/
pipi130307.jpg 













category: 健康

冬の養生  

「冬はたくわえの季節」

エネルギーを外にもらさないように心がけましょう。
人の体は冬になり寒くなると毛穴をしめて余分なエネルギーを外にもらさないようにできています。
服装も薄着ではなくキチンと着込んで熱を逃がさないようにしましょう。
★首回りや足首を冷やさないようにするのがポイントです。    
★暖房の使い過ぎは逆効果です!注意してくださいね。

冬は胃腸に注意しましょう。     
★忘年会やお正月 新年会と何かとイベントがつづきます。
食べ過ぎ飲み過ぎにならないように注意してください。
★日ごろから胃腸を元気に維持するためには、よく噛んで食べたり
腹八分目に食べることを意識すること、早食いや食べ過ぎは避けましょう。

苦手な季節はありませんか?
世の中には「暑がりで夏が苦手」「寒がりで冬は嫌い」
「梅雨になると体調を崩すから嫌な季節」と人によって様々です。
人の体は季節の変化や気温の変化に左右されます。
自分の体質を知り 苦手な季節を上手にのり切りましょう。
毎日を元気に過ごすためには季節の特徴を知ることが大事ですよ。
たとえば
暑がりな方は体内に余分な熱があり 炎症が悪化することがあります。
梅雨が苦手な方は体内に余分な水分が滞っていることが考えられ胃のムカムカや
梅雨の湿気で、足、腰の痛みが強く出ることがあります。

秋が苦手な人は体が乾燥している場合が多く、また 
冬が苦手な方は冷えがあり冷え症が余計に出たりすることもあります。
ご自分の体質によって原因が違ってきます。




自然の恵みを受けて体の中から美しく
長崎の漢方相談 藤村薬局本店
長崎市元船町12-11
営業時間 9:00~18:30
TEL095-824-0948  FAX095-824-0949
URL http://www.fujimura-kanpou.jp/
121218.jpg 








category: 健康

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。