長崎発☆偶然見かけた街の小さな情報、ちょっと気になるニュースをピックアップ♪


Pickup Topic

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

テレビを見て商品券を当てよう  

NCC長崎文化放送は、2012年度視聴率で4冠を達成したことを記念して、
対象番組の感想を書いて応募すると
抽選で 3000円分の商品券が当たるキャンペーンを実施中。

対象番組はEPG(電子番組表)で☆マークが付いている番組。
今回のキャンペーンは、当選数が55名と多いため、当たる確率も
日頃クジ運がないとあきらめている人にもチャンスが巡ってくるかも

締め切りは 4月22日(月)午後5時。今すぐ番組をチェック

このキャンペーンは、ハガキの応募は受付しておらず、インターネットからの応募のみ。
くわしくはこちら
スポンサーサイト

category: イベント

爆心 長崎の空  

4月3日夜、長崎歴史文化博物館(長崎市立山)にて、
映画「爆心 長崎の空」のプレス向け試写会がありました。

長崎市出身の芥川賞作家 青来有一氏の連作短編集『爆心』を、
『誰がために』『火垂るの墓』の日向寺太郎監督が映画化したものです。

キリスト教と深い関係がある被爆地・長崎を舞台に、喪失の悲しみと
再生への想いを描いています。

試写会場には、長崎市長の姿もありました。

上映前の挨拶の中で、青来有一氏は、映画化について監督から初めて
連絡があったときを振り返り、「3年足らずで公開に至るのは異例の早さ、
見るのが楽しみ」と述べ、日向寺太郎監督は、青来有一氏から、小説と
映画は別のメディアだと言われたことに背中を押された思いで、
原作を超える映画を目指したために原作とは異なるシーンもある とする一方で
「『長崎の地層を掘る』というスタンスは崩さなかった」と語り、原作に、
そして長崎の地の過去から今に、真摯に向き合ったことが感じられました。

「爆心 長崎の空」は、2013年7月13日(土)より、TOHOシネマズ長崎と
ユナイテッドシネマ長崎にて、長崎先行ロードショーの予定です。
ぜひ足を運んでごらんください。

キャストやあらすじなどを紹介した「爆心 長崎の空」オフィシャルサイトはこちら

category: イベント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。